VISUAL SOUND MEVMENT / New York


by vsm1997

Swing MASA

Swing MASA(Jazz Saxophone & Vocal)

 中学入学と同時に吹奏楽部でサックスを吹き始める。
 高校時代、John .ColtraneのMy Favorite Thingsを聞いて大きなインパクトを受けたことがきっかけとなり、Jazzへと傾倒してゆく。またこの時期から、種々の社会矛盾に強い憤りを感じる自己を意識するようになる。
 1979年頃からウーマンリブの洗礼を受け、それまで自分が見たことがなかった、女性のジャズサックス奏者を目指すことを決心する。
 様々なバンドでの活動を経た後、1987年、友人、支援者の出資金でJazz修行のためNew Yorkへと渡り、そこで様々なJazz体験をかさねる。
 1992年、Michigan Womyns’Music Festivalに出演。以来、数々のウーマンズ・ミュージック・フェスティバル、コンサート、Jazzクラブ等に出演する。またこの年から、  年1,2回のペースで帰国、日本においてDon`t Killというテーマでコンサートツアーを行っている。
 1996年、New School University Jazz & Contemporaryを卒業(BFA)。在学中、Reggie Workman, Arnie Lawrence, Bross Townsendらに師事する。
 1997年、当時出演していたJazzクラブであるBirdlandのサポートによりアーティストビザを取得。
 1999年、演奏活動の実績が認められ、Jazz Saxophone Playerとして、グリーンカード(アメリカ合衆国永住権)を取得。
 2001年、大阪府よりプリムラ奨励賞を受賞。
 2003年3月、企画、運営、出演、観客すべてを女性のみでおこなうInternational Womyns` Jazz Festivalをプロデュースし、大阪府ドーンセンターで開催。
 New York、Harlem在住。アメリカと日本を行ったり来たりしながら演奏活動を続け、現在に至る。

http://www.swingmasa.com
E-mail: Swingmasa.aol.com
c0108780_17503043.jpg

[PR]
by vsm1997 | 2007-01-28 22:50 | アーティストのプロフィール