VISUAL SOUND MEVMENT / New York


by vsm1997

カテゴリ:アーティストのプロフィール( 3 )

坂口 登

坂口登(さかぐちすすむ)現代美術作家
1944年、大戦末期日本で生まれ12才で渡米。

14才からオーティス美術学校にて本格的美術教育を受ける。 カリフォルニア芸術大学(Cal-Arts)大学院を首席で修了し、そののち現代美術最前線であるニューヨークにて 作家活動を続ける。 1977年、Susumu SAKAGUCHI EXHIBITION(N.Y.ノベギャラリー)にてイサム・ノグチより認められ1977年〜1988年、イサム・ノグチ没するまでの10年間、ニューヨークチーフアシスタントを勤めあげる。

1981年、原美術館の企画を皮切りに日本においても作品を発表することとなる。 東洋と西洋のはざまで、アーティストの純粋なる意識を通し「自己のルーツ」を見定め、知覚とその変貌を通して、 「ダブルアイデンティティ」より独創されたMETAMORPHOSIS PERCEPTION PAINTINGの絵画形式を醸成する。


私は、第二次世界大戦の末期の1944年に日本で生まれ、1956年、12歳のときアメリカ合衆国に移住し、ロサンゼルスのダウンタウンで育った。14歳からオーティス美術学校で美術の勉強を始め、1971年、カリフォルニア芸術大学(Cal-Arts)の大学院修士課程に入学した。同大学院では、ナム=ジュン・パイク(ヴィデオ・アート)やジョン・パルデッサーリ(概念芸術)、アラン・カプロー(ハプニング理論)、マックス・コズロフ(美術史・美術批評)、ラヴィ・シャンカール(音楽理論)らの教鞭のもとで勉学し、メアリアム・シャピロとポール・ブラックに絵画を学んだ。当時、この学窓でともに学んだ仲間には、ロス・プレックナー、ゲイリー・ラング、ジャック・ゴールドステイン、エリック・フィッシュル、デイヴィッド・サーレら、現在、世界各地で活躍するアーティストたちがいる。カリフォルニア芸術大学(Cal-Arts)の大学院を卒業後、1973年にニューヨークに移った。

日本とアメリカという、ふたつの文化的体験を浴びていることを気づかされて以来、私は、自分自身が抱く心象への感受性が、イメージと観念とを茫然とした両義的なかたちで受け取っていることを、実感し始めたのであった。イメージと観念とが示すこの両義性に明晰さを与えるべく、私は、二つに分割したカンヴァスに向かい、一連の時間のなかで絵を描くようになった。筆を振り、絵具の飛沫を飛ばして小さな点を作る。”スプラッシュ”(はねかけ)の技法を用いながら、飛沫の点による層を幾重にも重ねて、画面全体を無の境地へと導いていく。その一方で、明晰な意識によるイメージを描く。

折り重なる色彩の層は、潜在意識の状態を変貌させていく。私の二重の文化的体験は、イメージと観念そのものでもある。私自身のこのリアリティを、絵画を描くプロセスを通じて把握し、そして表現したいのである。

坂口登

http://www.susumu-sakaguchi.com


c0108780_2584441.jpg

[PR]
by vsm1997 | 2007-01-28 23:00 | アーティストのプロフィール

Swing MASA

Swing MASA(Jazz Saxophone & Vocal)

 中学入学と同時に吹奏楽部でサックスを吹き始める。
 高校時代、John .ColtraneのMy Favorite Thingsを聞いて大きなインパクトを受けたことがきっかけとなり、Jazzへと傾倒してゆく。またこの時期から、種々の社会矛盾に強い憤りを感じる自己を意識するようになる。
 1979年頃からウーマンリブの洗礼を受け、それまで自分が見たことがなかった、女性のジャズサックス奏者を目指すことを決心する。
 様々なバンドでの活動を経た後、1987年、友人、支援者の出資金でJazz修行のためNew Yorkへと渡り、そこで様々なJazz体験をかさねる。
 1992年、Michigan Womyns’Music Festivalに出演。以来、数々のウーマンズ・ミュージック・フェスティバル、コンサート、Jazzクラブ等に出演する。またこの年から、  年1,2回のペースで帰国、日本においてDon`t Killというテーマでコンサートツアーを行っている。
 1996年、New School University Jazz & Contemporaryを卒業(BFA)。在学中、Reggie Workman, Arnie Lawrence, Bross Townsendらに師事する。
 1997年、当時出演していたJazzクラブであるBirdlandのサポートによりアーティストビザを取得。
 1999年、演奏活動の実績が認められ、Jazz Saxophone Playerとして、グリーンカード(アメリカ合衆国永住権)を取得。
 2001年、大阪府よりプリムラ奨励賞を受賞。
 2003年3月、企画、運営、出演、観客すべてを女性のみでおこなうInternational Womyns` Jazz Festivalをプロデュースし、大阪府ドーンセンターで開催。
 New York、Harlem在住。アメリカと日本を行ったり来たりしながら演奏活動を続け、現在に至る。

http://www.swingmasa.com
E-mail: Swingmasa.aol.com
c0108780_17503043.jpg

[PR]
by vsm1997 | 2007-01-28 22:50 | アーティストのプロフィール

那須シズノ

那須シズノ Contemporary Dancer
 
幼少の頃より、本格的に西洋の舞踊教育を受け、19歳にて、プロダンサーとしてデビューする。
「自己のオリジナルとは何か?」を問い、日本古来の伝承芸能舞を学び、後、日本全県を長年にわたって、舞踊行脚し、舞-maiの深き精神と技を体得する。

西洋と東洋というダンス表現を超え、大自然のリズムとともに、舞手の内なる宇宙と魂による即興舞「スパイラルビジョンーSpiral Vision」www.shizuno-nasu.com 那須シズノ独自の舞を醸成する。
 その舞は、日本、米国はもとより、フランス、ドイツ、イタリア、ギリシャ、インド、韓国、中国と世界各国にて「華麗なるパフォーマンスー感嘆すべき身体のスパイラル」と多くの人々の心に感動を与え、絶賛される。
 そして、今、ハワイ・ビッグアイランドにて、ダンスの拠点を持ち、新たなる創造へと向かい続けている。

http://www.shizuno-nasu.com
c0108780_17534270.jpg

[PR]
by vsm1997 | 2007-01-28 21:53 | アーティストのプロフィール