VISUAL SOUND MEVMENT / New York


by vsm1997

<   2007年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

NEW YORK 天理カルチャーセンター
c0108780_1822499.jpg

[PR]
by vsm1997 | 2007-01-29 03:04 | イベント案内

VISUAL SOUND MOVEMENT

1997年より、New Yorkを中心に行ってきた、ライブパフォーマンスVISUAL SOUND MOVEMENT は10年を迎える。
 3つの異なるジャンルの表現者が互いに響応し、創りだす空間。
 画家、音楽家、舞踊家が、おのおのに独立した、コンセプトと宇宙観を持ち、即興による演奏と舞いを基本としたライブの中で、3つの次元が新たなる世界を創造していく。
 VISUAL SOUND MOVEMENT 即興による演奏と舞、その織りなす瞬間のつらなり
 各アーティストによる深き精神ととぎすまされた感性によって、あでやかに、あざやかに、その新たなる世界がうかびあがる。
 この度のパフォーマンスは、ゲストとして、万葉の和歌を歌うMijiaが加わり、現代アートと伝統芸能のエッセンスが時空を超え、東洋のスピリッツがどのように創出されるか、楽しみである。

那須シズノ

c0108780_3164963.jpg

[PR]
by vsm1997 | 2007-01-29 03:03 | コンセプト

坂口 登

坂口登(さかぐちすすむ)現代美術作家
1944年、大戦末期日本で生まれ12才で渡米。

14才からオーティス美術学校にて本格的美術教育を受ける。 カリフォルニア芸術大学(Cal-Arts)大学院を首席で修了し、そののち現代美術最前線であるニューヨークにて 作家活動を続ける。 1977年、Susumu SAKAGUCHI EXHIBITION(N.Y.ノベギャラリー)にてイサム・ノグチより認められ1977年〜1988年、イサム・ノグチ没するまでの10年間、ニューヨークチーフアシスタントを勤めあげる。

1981年、原美術館の企画を皮切りに日本においても作品を発表することとなる。 東洋と西洋のはざまで、アーティストの純粋なる意識を通し「自己のルーツ」を見定め、知覚とその変貌を通して、 「ダブルアイデンティティ」より独創されたMETAMORPHOSIS PERCEPTION PAINTINGの絵画形式を醸成する。


私は、第二次世界大戦の末期の1944年に日本で生まれ、1956年、12歳のときアメリカ合衆国に移住し、ロサンゼルスのダウンタウンで育った。14歳からオーティス美術学校で美術の勉強を始め、1971年、カリフォルニア芸術大学(Cal-Arts)の大学院修士課程に入学した。同大学院では、ナム=ジュン・パイク(ヴィデオ・アート)やジョン・パルデッサーリ(概念芸術)、アラン・カプロー(ハプニング理論)、マックス・コズロフ(美術史・美術批評)、ラヴィ・シャンカール(音楽理論)らの教鞭のもとで勉学し、メアリアム・シャピロとポール・ブラックに絵画を学んだ。当時、この学窓でともに学んだ仲間には、ロス・プレックナー、ゲイリー・ラング、ジャック・ゴールドステイン、エリック・フィッシュル、デイヴィッド・サーレら、現在、世界各地で活躍するアーティストたちがいる。カリフォルニア芸術大学(Cal-Arts)の大学院を卒業後、1973年にニューヨークに移った。

日本とアメリカという、ふたつの文化的体験を浴びていることを気づかされて以来、私は、自分自身が抱く心象への感受性が、イメージと観念とを茫然とした両義的なかたちで受け取っていることを、実感し始めたのであった。イメージと観念とが示すこの両義性に明晰さを与えるべく、私は、二つに分割したカンヴァスに向かい、一連の時間のなかで絵を描くようになった。筆を振り、絵具の飛沫を飛ばして小さな点を作る。”スプラッシュ”(はねかけ)の技法を用いながら、飛沫の点による層を幾重にも重ねて、画面全体を無の境地へと導いていく。その一方で、明晰な意識によるイメージを描く。

折り重なる色彩の層は、潜在意識の状態を変貌させていく。私の二重の文化的体験は、イメージと観念そのものでもある。私自身のこのリアリティを、絵画を描くプロセスを通じて把握し、そして表現したいのである。

坂口登

http://www.susumu-sakaguchi.com


c0108780_2584441.jpg

[PR]
by vsm1997 | 2007-01-28 23:00 | アーティストのプロフィール

Swing MASA

Swing MASA(Jazz Saxophone & Vocal)

 中学入学と同時に吹奏楽部でサックスを吹き始める。
 高校時代、John .ColtraneのMy Favorite Thingsを聞いて大きなインパクトを受けたことがきっかけとなり、Jazzへと傾倒してゆく。またこの時期から、種々の社会矛盾に強い憤りを感じる自己を意識するようになる。
 1979年頃からウーマンリブの洗礼を受け、それまで自分が見たことがなかった、女性のジャズサックス奏者を目指すことを決心する。
 様々なバンドでの活動を経た後、1987年、友人、支援者の出資金でJazz修行のためNew Yorkへと渡り、そこで様々なJazz体験をかさねる。
 1992年、Michigan Womyns’Music Festivalに出演。以来、数々のウーマンズ・ミュージック・フェスティバル、コンサート、Jazzクラブ等に出演する。またこの年から、  年1,2回のペースで帰国、日本においてDon`t Killというテーマでコンサートツアーを行っている。
 1996年、New School University Jazz & Contemporaryを卒業(BFA)。在学中、Reggie Workman, Arnie Lawrence, Bross Townsendらに師事する。
 1997年、当時出演していたJazzクラブであるBirdlandのサポートによりアーティストビザを取得。
 1999年、演奏活動の実績が認められ、Jazz Saxophone Playerとして、グリーンカード(アメリカ合衆国永住権)を取得。
 2001年、大阪府よりプリムラ奨励賞を受賞。
 2003年3月、企画、運営、出演、観客すべてを女性のみでおこなうInternational Womyns` Jazz Festivalをプロデュースし、大阪府ドーンセンターで開催。
 New York、Harlem在住。アメリカと日本を行ったり来たりしながら演奏活動を続け、現在に至る。

http://www.swingmasa.com
E-mail: Swingmasa.aol.com
c0108780_17503043.jpg

[PR]
by vsm1997 | 2007-01-28 22:50 | アーティストのプロフィール

那須シズノ

那須シズノ Contemporary Dancer
 
幼少の頃より、本格的に西洋の舞踊教育を受け、19歳にて、プロダンサーとしてデビューする。
「自己のオリジナルとは何か?」を問い、日本古来の伝承芸能舞を学び、後、日本全県を長年にわたって、舞踊行脚し、舞-maiの深き精神と技を体得する。

西洋と東洋というダンス表現を超え、大自然のリズムとともに、舞手の内なる宇宙と魂による即興舞「スパイラルビジョンーSpiral Vision」www.shizuno-nasu.com 那須シズノ独自の舞を醸成する。
 その舞は、日本、米国はもとより、フランス、ドイツ、イタリア、ギリシャ、インド、韓国、中国と世界各国にて「華麗なるパフォーマンスー感嘆すべき身体のスパイラル」と多くの人々の心に感動を与え、絶賛される。
 そして、今、ハワイ・ビッグアイランドにて、ダンスの拠点を持ち、新たなる創造へと向かい続けている。

http://www.shizuno-nasu.com
c0108780_17534270.jpg

[PR]
by vsm1997 | 2007-01-28 21:53 | アーティストのプロフィール

Friday, Feb. 2nd 2007 19:00~

TENRI CULTURAL INSTITUTE OF NEW YORK
43A W.13th ST. bet. 5th & 6th NYC Call: 212-645-2800
c0108780_19195169.jpg

[PR]
by vsm1997 | 2007-01-28 20:21 | Event Information

VISUAL SOUND MOVEMENT

Ten years ago in New York City, dancer Shizuno Nasu initiated a multi-media collaboration between herself and artists from two other genres: painting and music.
The result is Visual Sound Movement, an invented space born of both the modern and the ancient. The spiral dance of Shizuno interacts with Masa’s unique alto saxophone music. Their dramatic improvisation is given visual context by Susumu, whose painting adorns the stage.
The upcoming February 2nd performance will add a special guest singer: Mijia will sing from Man’yoshu, the earliest extant anthology of Japanese verse.
Together they will present a captivating new world woven from both contemporary and traditional art.

shizuno Nasu

c0108780_3311924.jpg

[PR]
by vsm1997 | 2007-01-28 20:14 | Concept

Susumu Sakaguchi

Susumu Sakaguchi Painter

I was born in Japan at the end of World War II, immigrant to the United States of America in 1956 at age 12. I grew up in downtown Los Angeles. I began my study of fine arts at Otis Institue of Arts at age 14 and enrolled in California Institute of Arts of Graduate School in 1971. Studied under Nam-June Paik/Video-Arts; John Baldessari/Conceptual-Art; Allan Kaprow/Concept of Happening; Max Kozloff/Arts History and Criticism; Ravi Shankar/Concept of Music; painting by Mariam Schapiro and Poul Brach. Among the students were Ross Bleckner, Gary Lang, Jack Goldstein, Eric Fischl, David Salle and others. After finishing Cal-Arts, I moved to New York City in 1973.

Since I was caught in a double cultural experience, I began to realize my sensibility of consciousness has ambiguously apprised that of images and sense.To clarify the ambiguity of images and senses, I began to paint in two separate canvases in one single length of time by splashing paints of Mist into dots with brush, layers into layers,
and controlling dots of totally meditation. On the other mind I painted images of clear conscious.

The layer of colors transforms subconscious state;my double cultural experiences are also images and senses which I hope to understand and translate of self-real, through the process of painting.

SUSUMU SAKAGUCHI
http://www.susumu-sakaguchi.com
c0108780_2564195.jpg

[PR]
by vsm1997 | 2007-01-28 20:10 | Profile of Artists

Swing MASA

Swing MASA Jazz Saxophonist & Vocalist

MASA is a saxophonist & vocalist actively performing in Japan and the U.S.
Born and raised on Osaka, she started playing saxophone at age 12 and taking private lessons at 15.
After studying performing art at Osaka University of Art, she came to New York City to study saxophone at New School University under the guidance of Reggie Workman.
After receiving BFA, she has performed at Birdland in New York City, Michigan Womyn’s Music Festival, Cherry Blossom Festival at (name), the St. Peter’s Church in New York City, and Harajuku Quest Hall in Tokyo, Suginami Civic Hall, Kawachinagano Civic Hall, Tondabayashi Civic Hall, Fukuyama Civic Hall, Moriguchi Civic Hall in Osaka, and Dawn Center Hall in Osaka.
She has collaborated with a number of prominent artists, including Dennis Charles, Zane Massey, Ricky Ford, Bross Townsend, Cecil Monrro, Kuni Mikami, Satoshi Inoue, Suhir Blackeagel, Miche Braden, Ubaka Hill, Tishiko Akiyoshi, Masaji Otsuka, Yutaka Sadoyama, Kan Mikami, painter Susumu Sakaguchi, and dancer Shizuno Nasu.
She has recorded two CDs, “Akeno Hoshi o Miagete/Looking up at the morning star” and “Swing MASA Band” and appears as a guest musician for the recordings of Masaji Otsuka, Yutaka Sadoyama , Ubaka Hill, and Suhir Blackeagel.
She lives in New York City and travels extensively throughout Japan and the U.S.

http://www.swingmasa.com E-Mail; swingmasa@aol.com
c0108780_19265457.jpg

[PR]
by vsm1997 | 2007-01-28 19:32 | Profile of Artists

Shizuno Nasu

Shizuno Nasu Contemporary Dancer

The spiral of her marvelous body appears in the climax of the performance. The beautiful and passionate spiral tangles with each other and springs the sense of vision and existing values there. At that time, spin is remarkably transformed into spiral to fly somewhere higher from the certain point. If we call it as a “spiral vision” to change the real space into somewhere higher, her gorgeous performance shapely and literally deserves it.
Satoshi Murakami, Curator

Profile:
Educated in western dance since childhood, Shizuno Nasu had her debut as a professional dancer at nineteen years old. It was her quest for her own stylistic voice that eventually led her to study old Japanese mythological dances. For several years, she undertook a pilgrimage, performing in every prefecture of Japan, thus deepening within her the skill and the spirit of mai, the dance.
It is finally beyond the influence of both the West and the East, that Shizuno refines her unique mai, the dance attuned to the rhythms of Mother Nature. “Spiral vision” is her improvisatory dance. Its spirit reflects a universe inside the dancer.
Spiral vision won high praise from such countries as: France, Germany, Italy, Greece, India, South Korea or China as well as U.S.A. and Japan.
Shizuno currently lives on the island of Hawaii, where she continues to generate new works.

http://www.shizuno-nasu.com
c0108780_1931265.jpg

[PR]
by vsm1997 | 2007-01-28 19:31 | Profile of Artists